03/03 ガレージシャンソンショー(レポ03

今回の個人的感想
----------------
全体的には楽しく脳天着な宴だったな〜

ザッハトルテは
アイリッシュトラッドの旋律が多く
そこらへんのCDをちょこっと聞いているわたしにとっては
アコーディオンの使い方もなんか耳なじみがあり

トラディショナルなモノを大事にしている
感じがして良い感じ

ヨーロッパ圏内の色んな音楽が入っているのだが
それでいて、しっかり日本的で面白い


------
ヨロ昆撫(一人でもユニットなので「ヨロ昆撫」と…敬称略)は
舞台度胸で、場数踏んでいる感はあり……

と言うか…それで押し切るしかないと言うか…
一回見たからもういいや〜〜(≧▽≦)y-~わっはっは〜

いや…踊り子さんが居るバージョンを見ていないので
ホントの所は良く判らん!
………そんな感じ…


------
今回のガレシャンは、前半はしゃぎ過ぎて
自分達の後半まで晃士さんの喉がもたなかったね〜ッテ感じ…
お客さんもそれを察してWアンコールしなかったし…

お客さんに気を使わせちゃっちゃ〜
(≧‐≦;)ダメじゃン…ね〜




------此処からは個人的愚痴------

ッと言うか…晃士さんをはじめて見た頃…
この人、数時間声張り上げても
微動だにしない人だな〜という印象が確かにあったのだが…
最近、私は2〜3曲でなんかヒヤヒヤすること多し…

年か?と言うか…

あれだね〜〜素人目で見てもあの発声方法は完全に
若い人向けの発声法って感じがする…が…如何かな?

藤山一郎とか三橋美智也とか変わって無い様でも
若い頃/中年時/晩年と変わっており、歌唄いならば
そんな事は承知だとは思うのだが…無理しているのかな〜

個人的には発声法を変更してもイイじゃ無い?とは思うのだが…
無理なのか?な?

尾崎紀世彦さんもディナーショーでは
アンコール含め13曲であったりして押さえているし

年齢と共に、唄える限界曲数があるのは判るので
無理なら、声を張り上げる曲を少なくするとかだね〜
何とかやりようが有るとは思うのだが……

ブログ等(ここも含め)で晃士さんを紹介する時は
先ず「唄が上手い」とか…「声で殴られる」とか

「伝わり易く、判り易い」が為に書いてしまう(私も含め)
言葉が束縛になっちゃってるのかな〜と
思っちゃったり

『花粉症持ち』って聞くしな〜問題ないのかな〜
と色々雑多に取り留めも無く、思う…

関係者じゃ無いので本当の所は判らんちんですが


但し…
不摂生から来ている「調子の悪さ」なのなら
|゜д゜)・∵.~ちゃんとせ〜や〜こら〜!

つまんない不摂生は御法度でお願いしたいものだ

基本的に『山田晃士』が好きなので
長〜〜いスパンで見続けたいのだよな〜私は…





余談の余談

只今、私は激貧でライブ行けませんので
暫くライブレポ無いよ〜!♪ヾ(´ー`)ノ”
私が消えてるウチに誰か何処かでセットリストだけでも
書かないかな〜
[PR]
by ponn1844 | 2006-03-03 23:57 | ガレシャン/ソロ
<< 03/03 ガレージシャンソン... 01/08 ガレージシャンソンショー >>