カテゴリ:演芸( 3 )

02/16春風亭昇太|´◇`)ノ”

02/16(木)
19:00〜
第7回丸の内落語会/ 丸ビル・丸の内カフェイーズ

春風亭柳太郎 (おじいちゃんがテレクラに行く噺
題名不明:判ったら書き替えます)
宮田章司   (昔の街頭売り声)
春風亭昇太  「オヤジの王国」

(前座:春風亭小まさ「新聞記事」)
1000円
----------
場所は、丸ビル・丸の内カフェイーズ
中2階部分にステージが有り
そこに約70席程用意されている
席は一杯!私は開演ぎりぎりに到着したので立ち見
開演すると通路部分に補助席を出し立見の方の救済有り!

・立ってる方がかえって見渡せるので、私は敢て立ち見!
 立ち見の場所は限られていて、少ないデス!
 中2階部分に納まりきれない人は下段の一階部分から立ち見
 椅子に座ると演者の胸から上しか見れません

 寝ッ転がって演じる時も有る昇太師匠の会では
 遅れて行くと「立ち見」を余儀無くされます
 (見えづらいと思うがスピーカーが有るので、ちゃんと聞こえます)
 「ゆっくり見よう」と
 思う方は早めに行き場所取、必至デス!|´◇`)ノ”
----------
・春風亭小まさ「新聞記事」
 枕は携帯注意と席詰めを嫌み無くこなし
 「新聞記事」へ、
 ちょいと癖のある喋り、かなり期待大
 体格からして、もっと声が低くなると思う
 私はこう言う感じ好きである

・春風亭柳太郎 (おじいちゃんがテレクラに行く噺)
 最近の若者ウオッチ噺が枕

 噺は面白いが、
 「寄席で寝ているお客さんを起こす!」
 と言う感じの(注目させる為の緩急か?)

 突然の声(キンキン声)の変化は聞いていて眉をひそめる気分
 この喋り方の手法はあまり好きでは無い
 (好みですので御勘弁下さいね〜)

 枕を踏まえて
 おじいちゃんがテレクラに行く噺をする
 (詳細はネタバレになるので控える)
 枕部分で上記の「-」気分で見ていたが
 噺は面白く笑ってしまいました
 この「-」気分から「笑う」と言う、変化は私にしては珍しく
 
 あ〜ヤッパ、この人達は喋りのプロなんだな〜と思う
 さすが「二つ目」ッて事か?笑

・宮田章司   (昔の街頭売り声)
 只、売り声を模写するのではなく
 当時の様子や今の売り声を面白く演じる!

 素晴らしいデス!終演後のお客さんが帰って行く中
 「ありがとうございます!ありがとうございます!」と
 これまた、売り声調の送り声
 かなり、私のツボにハマりました!
 ♪ヾ(´◇`)ノ”何処かで又見に行きたいデス!

・春風亭昇太  「オヤジの王国」
 幼稚園へ落語をしに行った時の様子と
 西田敏之さんとのお話を、枕として喋り
 (これがまた、バカバカしく大笑い)
 「オヤジの王国」を演じる
 本編も可笑しくバカおやじ丸出しの噺に大笑いしてしまいました〜

約、1時間半これでドリンク付きの1000円は安い!
チャンスが有ればどうぞ!♪ヾ(´◇`)ノ”

★昇太服装チェック!|´◇`)ノ”
高座
 ピンクの着物(裏地はスカイブルー)
 縦縞の袴
 メガネは黒だったと思う・・
終演後
 黒の帽子に黒のコート

----------
全くの余談と何時も思う事・・

前座さんの噺を聞くといつも思うのだが
必ずスタンダードな噺をして、
これ聞いた事アルな〜、この人よりあっちの人の方が・・
等々・・会場を温めると言うより、「前座」だな〜と言う
雰囲気を会場に漂わせる

このシステムって、良いのか?
前座と真打ちの「力量差見せしめ」の為に有るのか?
「形式笑い」で良いのかな〜

それより
前座専用の「携帯電話注意噺」とか「御手洗いはお早めに噺」等々
時代に合わせた「前座噺」を
どんどん作ってどんどん変化させて前座さんに実験させれば良いのに
と思う
「実験」は「二つ目」の領域なのかな〜(´Å`)よく判らん!

歌舞伎の様に、システムを崩せない「お固い世界」とは思えんのだが・・
どうじゃろ?
----------
昇太ラブひみチュ結社?の方により
昇太師匠のネタ名補填!♪ヾ(´◇`)ノ”ありがと〜〜
[PR]
by ponn1844 | 2005-02-16 23:59 | 演芸

12/6春風亭昇太独演会「古典とわたし」

春風亭昇太/非公式HP
ゲスト:立川談春HP
---------------
演目
「六尺棒」立川談春
「替り目」
「時そば」(上方バージョン)
中入り
「宿屋の富」
---------------
お客さんは満席、補助席が出るほど
私は後ろの方で観戦(´Å`)遠いイ・・

昇太師匠のダダをこねる様(不様の「様」)最高です(≧▽≦)ばはは
バカになっておおはしゃぎスル、ぶっ壊れバカ度合いも最高!
与太者のキャラ濃すぎです(≧▽≦)い〜な〜
演目はスタンダードで
知ってる噺ばかりでしたがキャラクターの色つけが昇太師匠独特で
笑い所多し!
楽しい会でした
---------------
余談
中入りの休憩ロビー喫煙エリアは有名人エリア・・・
糸井重里さんが必至になってパンをむしゃぶりつき
傍らでは高田文夫さんが顔を伏せタバコを吸い、色々な方とこっそり挨拶
なんか。ミョ〜な空間・・・(≧▽≦)y-~フ〜一服一服・・
[PR]
by ponn1844 | 2004-12-06 23:59 | 演芸

04/11/5春風亭昇太「感傷旅行」へ行くの巻き

取りあえず「春風亭昇太」HP

・マキシムdeのんべえ(三遊亭白鳥作)
「闘いの日々」(ビデオ
・パパは黒人
 中入り
・戦後史開封
「素顔の青春」(ビデオ
・ハワイの雪(柳家喬太郎作)

お題目道理
「笑い重視」と言うより、
思いッきり笑わせた後、「感傷」と言う感じの下げになる
ネタを揃えた、宴でした

「闘いの日々」は
昇太師匠の若き頃の「恥ずかしい仕事」を
集めたビデオが上映・・・

こんなベタな仕事もしてたのね・・・と感傷(´Å`)
生前の柳昇師匠が写っていて又感傷・・・

ついでに、若き頃の落語家:伊集院光(楽だい)がチョロッと写っていて
感傷・・・(TÅT)
(これは意図して編集した?どうジャロ?笑)

「素顔の青春」は
昇太師匠のコレクションである
「誰か判らんが、謎のマスク」を出演者全員が被り演じる

「失恋物語り?」円丈師匠が中に居たらしく・・又別の意味で。感傷・・
(バカだ!(≧▽≦)y-~わっはっは〜(おっと失礼!

最後の「ハワイの雪」デは下げに合わせ音楽がなる♪

栗Qライブでも音楽と落語で
観客の感傷感情を引き出す落語を見たのだが(吉田さんのソファー)
同様の効果を狙っているのでしょう。

音楽と言うレールに引かれた同種の感情を引き出すこの手法
感情のふり幅限定感はあるが、確実に引き出せる(浸れる)
どう使って行くのか、面白いので注目したいね〜(≧▽≦)
[PR]
by ponn1844 | 2004-11-27 14:25 | 演芸